デスクトップのゲーミングPCを購入するときに重要な3つのポイントを知っておく

自分の責任で組み立てていかなくてはいけません

目的としているゲームを利用するかできるかがわからないことも多い / 必ず価格の比較が必要 / 自分の責任で組み立てていかなくてはいけません

CPUやグラフィックボードについては、高額なものになるとそれ単体で10万円以上も必要になるものが存在します。
特に、配信などを快適に行いたいと考えている場合にはこれらのものを準備しておかなくてはならないことが大半です。
配信を行うことができるプラットフォームでは、高画質な状態でユーザーに対して映像を届ける必要がありますので、それに対応できるだけの高度なパーツが必要になるからです。
デスクトップは、これに加えて周辺機器もきちんと揃えていかなくてはならないので総額で考えると30万円から50万円程度とコストを考えておかないと十分な配信を行うことができません。
そうではなく、単純に高画質などを望んでいるケースでは10万円未満で十分にパーツを揃えることが可能です。
この場合は、業者で一式で頼むのではなく自分で一から組み立てていく自作PCなどが非常に強力です。
自作の場合はパーツを自分で考えられるというメリットはありますが、組み立て行く時に手間が必要になったり失敗するリスクがあるのでその点に関しては注意が必要です。
サポートが存在するというわけではありませんので、自分の責任で組み立てていかなくてはいけませんが自分の望む環境を構築できます。

現在、少しずつレイアウトを変更中です🙇‍♀️
変換ケーブルなどの小物類は店頭の通路側に置きました👍
ゲーミングPCも通路側に置こうかなぁ(๑>◡<๑) pic.twitter.com/aD0siG4AZX

— パソコンのまぎまぎ つくば店 (@magimagi_shop) March 20, 2022